何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
自分の役割
「自分の役割」

まだ震災の影響が多いのですが、
自分の考えをまとめる場としても、
ちょっとずつブログを更新させて頂きます。


震災を受けた方にもこのブログが役に立てればと思っています。

最近のテレビは大震災や原発を大きく取り上げています。
重要なことは重要なので、報道も多いと思います。
でも、当初に比べれば現場は落ち着いてきたかのように報道されますが、
現実はそんなことありません。
やっぱり、みんな気を張っているので何とか持っている人もいますが、
避難場所でなくなっている方もいます。
それが現実なんです。
被災地の方、みんなで寄り添って踏ん張ってください。

ブログ内容に行く前に、テレビについてです。
テレビニュースを何度も繰り返し見ていると心理的には相当なダメージとなります。
映像は脳に焼きつきやすいので、子どもにはあまり見せないで下さい。
できればラジオにしてください。
人の安否であれば見ていたほうが良いかもしれませんが、
危機感をあおるような報道は避けるようにしてください。

もしイライラしたり、悲しくなったり、情緒不安定になっているのなら、
気をつけてくださいね。
被災地の方はいろいろな感情が出てくる頃なので、
その感情は発散してほしいと思いますが、

でも、被災地ではない場所の方がそのような感情が出てくるのであれば、
それはテレビを見ている影響が強いです。
ここ数日で家族とケンカした・・・
感情を発散することは必要なことだけど、
その感情はテレビの影響が大きいかもしれません。
そのあとはきちんとハグしたり握手したりと仲良く元通りになってください。

被災地でも被災地じゃなくても、やっぱり幸せが多い方がいいです。
テレビを見ないでとは言いませんが、同じ内容を何度も見る必要はありませんよね。
よろしくお願いします。


さて、もとのブログにもどります。
愛の詩もちょっとずつ考えられればなぁと思っています。


今回は「自分の役割」についてです。

僕の場合、
人間として、夫として、父親として、治療かとして・・・
いろいろな立場があります。

あなたにはどのような立場がありますか


これらの立場で、
自分が何をしたいのか、どんな自分でいたいのか
ってとっても大切なことだと思う。


そのときの感情に流されるのではなく、
どんな生き方がいいかなって自分で選べるってことに繋がる。



例えば、
人間として・・・自分がどんな人間になりたいのか・・・
いつも笑顔でいる
相手を喜ばせる存在でいる
愚痴や文句を言わないで、感謝や前向きな言葉を言う
人の話をきちんと聞く
周りをサポートする
自分の考えで行動する
周りは周りで自分が良いと思ったことをする
(例えば、道にごみが落ちていたら、周りは関係なしに拾うなど)
・・・

夫として・・・自分がどんな夫になりたいのか・・・
家族の話を聞く夫
いつも笑顔で元気な夫
頼りになる夫
なんかひょうきんな夫
たまにでも料理をしてくれる夫
家の手伝いをしてくれる夫
・・・

これを他の役割についてもだんだん具体的に考えてみます。
もっと具体的に考えることもできてきますね。


そうすると、自分がどんな行動をとるかが見えてきますよね

「家族の話を聞く」ことがいいなぁと思ったら、
そうすればいい。
自分で決定できる。時間も作れる。

何も考えていないと、そのときの感情に振り回されるけど、
「こうなりたい、だからできるところからなろう!!」と決めると、
だんだんとそうなっていきます。


あとで、「あ、あそこはこうした方が良かったかな」と思えば、
次回に気をつければいい。


そのときのレベルではまだそこまで到達していなかっただけで、
今度できるようになっていれば、レベルが上がったってことですね。


例えば、相手を喜ばせる存在になるぞ~と思えば・・・
何かサプライズを用意したとします。
18時に待ち合わせしていて、いろいろなお店に行ってと予定をくんだとします。
でも相手が仕事の都合で30分待ち合わせに遅れて来たとします。
「なんで遅れるんだよ~、予定がくるっちゃったじゃないか」
と怒る人が結構いますが、
・・・「相手を喜ばせる存在になる」ことがベースにきちんとしていれば、
「仕事大変だったね。大丈夫かい?」
「予定はちょっと違くなるけど、さあこれからが楽しい時間だよ」
って相手を責めることもしないで楽しい時間を共有することができるようになるよね。


命がある今だから、
感情に流されずに自分が目指すあり方を幸せに実行していくことができるんだ。


亡くなってかれでは、その人と抱き合うこともできなくなります。
目の前にいなければ、その人の手を握ってあげることもできません。

愛する人に何をしてあげれば良いかなと思えば、
ポンとちょっとしたことがひらめいたり、

地域社会に対して何ができるのかとか、
具体的に考えてみると、ちょっとしたアイデアが出たりします。
(僕は今、アイデアを絞っている段階ですが・・・)

あとはそれを実行する勇気を出すだけかなと思います。
それを心の土台に置いておけば、もっと幸せな時間が共有できると思います。


あなたに幸せな時間が増えますように
ぼくにも幸せな時間が増えます
みんなで幸せな時間が共有できるようになります

読んでくれてありがとうございます
あなたに感謝しています

最後に、過去に一度載せたことがあるのですが、
この考え方を知っていれば、みんなが幸せになりそうだなぁと思うので、
もう一回載せさせてください。



ありがとうございます。
スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:2   trackback:0
[問題を解決する
「これは簡単だ!!」
「これは簡単だ!!」

何か問題に衝突してしまったときは、
「これは簡単だ!!」
と言葉に出して言ってみてください

そうすると、不思議と簡単に問題を解決できたりします。

人間は問題を複雑化しやすいようです。

問題が起きると、
分析して、原因を探して、
原因を見つけたと思ったら、その原因に落ち込んで、
その落ち込みに振り回されて・・・

結局、問題解決の方向に意識が向くまでに時間がかかったりします

もちろん、
仕事上の機会操作や、試験のための問題としては、
分析して手抜かりが無いように努める必要がありますよ
ここでの問題は、日々起きる日常での問題です。

日常で起きる問題には、
それぞれ複雑な原因が絡み合っていることが多いです。
絡み合ったり、重なり合ったりしているので、
分析して、原因を探すのにとても時間がかかります。
しかも、その原因に納得するかどうかの気持ち的な部分もあるし、
何よりも、原因が分かったからといって問題が解決するかどうか・・・
解決しないことの方が多いんです。
医療についても同じ事が言えますが、ここでは触れませんね。

もちろん、原因が分かれば、同じ問題を起こさない可能性は大きくなりますが・・・
原因が分かっても、考え方を変えないと、同じ問題は起こりますね


問題が起きて、それを解決したいのであれば、
分析や原因を考えるよりもまず、解決の方に意識を向けることです。


「これは簡単だ!!」

と叫んでみてください
脳が高速回転して、解決策をきちんと考え出します

結果の先取りをするんですね

「幸せだなぁ」って言えば、幸せなことに気づきます。
「豊かだなぁ」って言えば、自分が持っているものに気づきます。
「愛されているなぁ」って言えば、実際に何かに愛されていることに気づきます。

「これは簡単だよ!!」って言えば、なぜか簡単に解決できてしまいます。

注:問題ですごく悩んでいる人に、脇から「これは簡単だよ!!」って言わないで下さいね。
  「何が簡単なんだ~」って怒られるかもしれませんから。
  教え方とタイミングが重要です。



では、僕も一言・・・




幸せだなぁ



読んでくれて、ありがとうございます
感謝してます
Posted by しあわせのぜん
comment:2   trackback:0
[問題を解決する
「出来事」と「感情」は別だね
「出来事」と「感情」は別だね


ある出来事があったとします。
そして、その出来事に対して、
“不愉快だ”という感情が起きたとします。


たとえば、
あなたが車を運転していたら、目の前に子供が出てきた
とします

とっさにハンドルを回して回避できました。
事故ギリギリという出来事が起きたんです!!

そこで運転手だったあなたはどういう感情を持つでしょうか?
「あぶね~な~、どこみてだ~」
となるか、
「事故にならなくってよかったね」
となるか、
「アワアワ」
となるか、その他の感情を抱く人がいますね。


これ、文章で読むと冷静に判断できるかもしれませんが、
その時に遭遇したら、どのような感情を持つかはわかりません。

でも、はっきりしていることがあります。
“出来事”に対して抱く“感情”はさまざまということですね

ってことは、
出来事は出来事としてただ起きるだけ
感情はその出来事に自分が追加する“思い”なだけ

そう、「出来事」と「感情」は別なんです


これはどんな出来事にも当てはまります。
しかも、人間は感情を引きずってしまう習性があるので、
前の出来事に対して、自分が不快な感情を選択したとき、
次の出来事でも不快な感情を抱きやすいですね。

会社で上司に怒られてイライラしているお父さんが、
家で子供たちの行動になぜか怒りやすくなる。
いつもは、そんなことは笑ってすませるのに・・・
(あ、お母さんにもそういうことは起きますね)


問題が起きたときは、
人間はそれに追加してしまった感情に振り回されます。
マイナスの感情を追加してしまったら、
せっかく問題がすぐに解決できるような場合でも、
自分の感情に対して悩んでしまい、
問題解決を行動に起こせないときが多々あります。

だから、
もしイライラしている自分に気づいたら、
もしマイナスの感情や不愉快な感情にはまっている自分に気づいたら、
「あ、問題と感情を一緒にしていたなぁ」
って再確認してください。



そうなれば、
問題は問題として対応できるようになります。


ちなみに、どんな問題が起きても、
あわてずに、
「お、今度はどんな問題をクリアできるんだろう、楽しみだ

と思って、行動したほうが、
問題解決までの時間が短くて済むということは確認されていますよ



「出来事」と「感情」は別
そう思うと、感情をコントロールできそうですね。


幸せな感情で人生を満たしていけたら、幸せです


読んでくれて、ありがとうございます
感謝してます
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[問題を解決する
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。