何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
先入観・・・あそこは?
先入観…あそこは?


こんにちは~!!
今日も楽しく終えましょう(^-^)


今日は先入観です。



突然ですが、英語の問題です。


頭はヘッド、顔はフェイス、胸はバスト、お尻はヒップ、では、あそこは?






ポッ
(^-^;

答えは、「there」ですよね。

身体にまつわる問題を並べていくと、
「あそこ?」
と聞くと、「男性器や女性器」を想像するひと、
たくさんいると思います。



これ、勝手に自分自身がそんな先入観を持っているってことですよね。

会話の中には代名詞がたくさん出てきます。

自分の言っていることが相手にきちんと伝わっているって思っているかもしれないけど、
本当かなぁ?


逆に、相手の言っていることを理解していると思って会話していても、
本当に理解しているかなぁ・・・?



大切な話は、きちんと確認しながら進んだ方がよさそうですね。



「脳は自分の都合の良いように物事をとらえる」


と聞いたことがあります。


「そんなこと言っていないよ」
「いや、言っていたじゃないか・・・」


もしかしたら、両者とも自分の都合の良いように物事をとらえたままで、
お互いに確認と一致を行った結果かもしれませんね。
どっちのも責任がありますよね~


原因があって結果がある



今の自分は、過去の自分が創り出したもの・・・
過去の先入観が創り出したものでしょうか?



今日も気づきをありがとうございます
生かしていただきありがとうございます
あなたに感謝してます



ポチッと押すと、僕に勇気が湧き出てきます。


スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[人間関係の幸福論
「もともとの考えは何だろう」
「もともとの考えは何だろう」

お久しぶりです。
なかなか個人的な時間がとれなくって、
すごく間を空けてしまいました・・・

さぁ、今日は
「もともとの考えはなんだろう」
ということについて。

人って、
自分では考え方がずっと同じと思っていても、
時間と共に変わってしまうものです。
たとえ本の数分・数日としてもです。



ここでよくある話をあげてみます。

付き合い始めて最初のときのデート・・・
綿密に計画した家族旅行・・・
人の助けになりたいと思ってとった行動・・・
いろいろな場面に当てはまります。

ある男の人がいます。
その人は彼女を喜ばせようとして、
遊園地に行く計画をしました。

朝9時に待ち合わせして、バスに乗って、
途中にカフェによって、遊園地で遊んで、
お土産屋さんに寄って、夜はおいしくて有名なレストランで食事を・・・

さぁ、当日になりました。
ところが彼女は、待ち合わせの時間に間に合わずに遅れてきました。
彼はそのことが気に入りません。
朝からの計画が合わなくなってしまったからです。
彼は彼女に怒って、その日のスケジュールをキャンセルしました。

彼は「せっかく綿密に計画したのに、遅れてきやがって・・・」
と思ってしまったんですね。
もちろん、彼女も「ごめん」と悲しんでしまいました

でも、彼女に遅れた理由があったらどうでしょうか?
まぁ、遅れた理由なんて本当はあまり重要ではないのですが。
だって、遅れた理由を重要視しても、遅れたという事実は変わらないから。

それよりも大切なことがあります
なんでしょうか・・・?

それは
「その人は彼女を喜ばせようとして、
遊園地に行く計画をしました。」
そう、
「彼は彼女を喜ばせたい」
のです。

彼がその根本をきちんと念頭に置いていたら、
彼女が遅れてきても、彼女を喜ばせる行動をとればよかったんです。
「じゃ、ちょっと計画を変更して、今日はこうしよう
とか言って。

それを、「俺がせっかく時間を割いて計画したものをめちゃくちゃにして・・・」
となってしまったんですね。
彼女から「計画をしてほしい」なんて何も言われていなかったかもしれないのに。
そう、
彼はいつの間にか自分中心に考えるようになってしまったんです。


でも、こういう場面って結構経験している人っているんじゃないかなぁ

だから、
「もともとの考えは何だろう」
ってきちんと持っていれば、
イライラすることも少なくなるし、
もっと自分の気持ちの幅も行動の幅も柔軟になってきますよね。
なにより、ニコニコが増えます


ニコニコが増えるということは・・・

もっとしあわせになるってことです

パートナーだけじゃなくって、
親子の関係や、他の人間関係にも応用できそうですね

いつも読んでくれまして、ありがとうございます
感謝、感謝、感謝してます
Posted by しあわせのぜん
comment:6   trackback:0
[人間関係の幸福論
「パートナーと円満になる方法」
「パートナーと円満になる方法」


付き合い始めた恋人たちは、
相手の良い部分に意識が向きます。
欠点はそれほど気になりません

でも、付き合いが長くなるにつれて、
欠点に意識が向き始めます・・・
だんだんと、
良い部分を忘れてしまう間の人もいます

3日、3週間、3ヶ月、3年・・・
どうやら3という期間が過ぎると、
自分の意識が感謝する方向かマイナスの方向かの分かれ道があるみたいです。

行き先はもちろん自分で選んでいるのですが・・・

粗探しをするほうもすることは良いことではありませんよね。
もし自分が褒めてもらえず、感謝もされず、欠点を指摘されるとしたら、
本当に心がさびしくなってしまいます・・・


さて、「自分は相手にどんなふうに接しているだろう?」と考えて見ましょう
褒めていますか?
感謝して、その言葉を相手に投げかけていますか?
愛していると言葉できちんと表現していますか?


もちろん、相手の間違いに気づかせてあげることは必要ですが、
それ以上に相手に「ありがとう」を投げかけることがとても大切です。

でも、こんなことを言う人もいるかもしれません・・・
「相手には褒めるところなんかないよ!!」
「相手に感謝するところなんてないよ!!」
「あっちから愛してるって言われないから、こっちから言わないよ!!」

ちょっと悲しいですよね
褒めるところがないんじゃなくって、気づいてあげれていないだけ・・・
感謝するところがないんじゃなくって、自分に感謝の気持ちがないだけ・・・
愛されていると言われなくても、愛しているって言っていいんだよ・・・

褒め上手の人は、どんな人のことでも褒める点を見つけて褒めます
生きているだけで、接しているだけで、感謝できる点はたくさんあります
自分が相手を「愛してるよ」と言うことに、相手の気持ちなんて関係ありません

宇宙の法則のひとつには、「投げかけたものが返ってくる」というものがあります。
「愛してる」と言われないのは、「愛してる」と言っていないからかもしれませんね。

そう、パートナーと円満になる方法は、
自分から相手に感謝の言葉を投げかけてあげる
ということです

「愛してるよ」と久しく言っていない人はちょっと恥ずかしいかも
そんなときは「○○してくれて、ありがとう」と感謝の言葉を!!
寝る前に言うと、こっちも相手もハッピーで夢の中に入れますね

不思議なことに、感謝の言葉というのは、言っている自分がうれしくなります☆

あなたもしあわせになっちゃんですね


いつも読んでくれまして、ありがとうございます
感謝、感謝、感謝してます
Posted by しあわせのぜん
comment:8   trackback:0
[人間関係の幸福論
「ロケットで飛ばしてみる」
「ロケットで飛ばしてみる」


悩み物の大半は人間関係です。
家庭、家族、職場、友達・・・
僕らの周りには人間ばっかりですね

だからこそ、楽しいときもあるのですが、

そうも思えないことが続いたりするときもあります。
どうしても、性格の会わない人っています。
どうしても、性格の悪い(?)人っています。
どうしても、離れたいと思う人がいます。

今回は、そんな人と離れられる(かもしれない?)テクニックをお伝えします。


「ロケットで飛ばしてみる」


です。

どういうことかといいますと、
深層心理はみんなが繋がっているという心理学に基づくものなのですが…

離れたい人の背中にロケットをつけてください。
(離れたい人がロケットを背負っているイメージですね)
そして、エンジンをつけてください

火がつきました・・・

「○○さん、いままでありがとね。楽しかった。」
「でも、これからはもう、あなたなしでも大丈夫!!」
「私は私、あなたはあなただよね。」
「これからは別の人生を歩んで生きましょ!!」

「○○さん、レッツゴー!!」

3・・・2・・・1・・・

GO

ロケットが飛びます・・・ゴゴゴゴゴ・・・・

ピッカーン(はるかかなたへ・・・)


こうすると、縁が遠くなります。
もちろん、
○○さんがいなくなるのか、あなたが他に行くのかは分かりません。
でも、縁が遠くなりやすくなります。

注意があります!!
ライバルには使わない方がいいみたいです。
ライバルは自分を高めてくれる人なので!!

(みんなが自分を高めてくれる人と思っちゃうと、そうかもしれませんね)


たとえば、
自分をいじめている人(どちらに問題があるかは?)
家に嫌がらせをする人
お店をめちゃくちゃにしていく人
自分の行く手をいつも邪魔する人
・・・
自分が幸せに進むのに邪魔している人がいたら、
使ってみるのもいいかなって思います。

ただし、良心の範囲内でお願いします。
本当はその出会いが必然だったと思いますから。
離れるというよりは、卒業といった感じですね


ストレスをなくして、幸せになりましょう


読んでくれて、ありがとうございました
感謝してます
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[人間関係の幸福論
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。