何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
「健康って幸せだ」
「健康って幸せだ」

さて、今回はおすすめ本の紹介です。
といってもかなり古い本です。

僕が今の道に入るきっかけを作ってくれた本です。
大学院生のころ、まぁいろいろありまして(今では感謝の出来事ですね)、
“生きる”“生命力”について考える時期がありました

そこでであった本がこれです。
ほとんど本を読まないでそれまですごしていた僕にとって、
本屋さんで何かが「これ読んでみな」って教えてくれたんでしょうねぇ。
研究室で研究そっちのけで読みました
(教授、助手さん、ごめんなさい

免疫革命免疫革命
(2003/07)
安保 徹

商品詳細を見る


まず病の原因がはっきりします。
ほとんどすべての病の原因がはっきりすると思います。
ただし、今の医療のように薬・手術などによる治療法が大好きな方にとっては
抵抗感のある本だと思います。

僕は病院が苦手なので、抵抗感なく読むことができました。

そして、もっとわかりやすく書かれたのが下の本です。
対談で書かれているので、免疫革命より読みやすいです。
ただし、ガンに焦点を置いていますが、病一般と言っていいです。

ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力
(2007/03)
安保 徹船瀬 俊介

商品詳細を見る


病が遺伝子から来ているとすると、
その遺伝子を持っている家系が残っていること自体不思議なことになります。
遺伝子は一要因でしかなく、決定的要因ではありません。

同様な理由で、
食べもの、タバコ、お酒も病の一要因でしかありません。
ただし、強いストレスを体にかけるようなものは、そのうち決定打になりますが・・・

ということは・・・
免疫力が低ければ病になる。
免疫力が高ければ健康でいられる。


体と心はつながっているから、
体が病になれば心だって病になります。
どっちか弱い方が病になりやすいだけです。


シンプル

だから免疫力を上げればいいだけなんですね
僕らはそれを重点に生活をすればいいんです。

もし、あなたが体や心に病を持っているなら、
免疫力を上げてください


もし、あなたの周りに病で困っている人がいたら、
免疫力を上げるといいことを教えてあげてください


病って治すことに固執する必要はないし、
(固執しすぎるとストレスになりますから・・・
時には共存って考えたほうがいい時だってあります。
そう考えると、心がもっと軽くなるかもしれませんね。


あなたも健康
あなたの周りも健康
そしてみんなしあわせ


読んでくれて、ありがとうございます
感謝、感謝、感謝してます

あ、ちなみに、医療関係者や治療家に是非読んでほしい本が下の本です。
わかりやすくてとてもいい本です。
一般の人にも読めます。
そして、家族を治療してあげる事だって出来ますね。

誰かに何かをさせていただける・・・
愛を与えることができる・・・
幸せですね


「自律神経免疫療法」入門―免疫力を高めて病気を治す画期的治療法 すべての治療家と患者のための実践書「自律神経免疫療法」入門―免疫力を高めて病気を治す画期的治療法 すべての治療家と患者のための実践書
(2007/10)
福田 稔

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:4   trackback:0
[おすすめ本
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。