何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
人が死ぬときに思うこと
お疲れ様です(^-^)/

昨日、記事を書いたんですが、
投稿しないまま寝てしまったようです…

今日は昨日と違う記事となりました。
これも出会いの縁なんですね。


それにしても、
今日の仙台は天気で日差しが気持ちよかったですね。
日に日に、明るい時間が長くなっていますね。

心もちょっとウキウキします。
感謝☆





人が死ぬときに思うこと




生きているときは、
いろいろな不満について考えたりしがちです。


「もう少し、お金があったら」
「もう少し、時間があったら」

「家族と旅行に行きたいなぁ」
「あれほしいなぁ」

「あの人はいいなぁ」
「もっと優しくしてほしいなぁ」




生きているときは、
感謝することもあるけれど、不満を思うこともありますね。




死ぬときはどうだろう?

死期が近づいて、
それを受け入れたときは何を考えるだろう?


「もう少し、お金が欲しいなぁ」
「あの人はいいなぁ」
「あれが欲しいなぁ」
「あれ、食べたいなぁ」


なんてこと、考えるかなぁ?



きっとね、

家族のこと、愛する人のことを考えるんだと思うんです。


もし、まだ幼い子供がいるとしたら、
その子供に対しての想いや子供の将来のこと、

愛するパートナーがいるのであれば、
してあげたかったこと、感謝の気持ち、愛の気持ち、

尊敬する友達がいれば、
友達へのメッセージなど、


そういうことを考えるんだと思うんです。



死ぬときに、もう少し生きたいって思うのはなぜだろう?

それは、もっとスポーツをしたいとか、お金持ちになりたかったというよりも、

誰かに何かをしてあげたかったことや、
感謝や謝りたい、
もっと近くで見守っていてあげたい

って思うからじゃないんでしょうか。



いつ、人生を終えようと、
きっと思うのかもしれません。

どんなに日々充実している生活をしていたとしても、
思うのかもしれません。


一休さんが亡くなるときに
「もっと生きたい」
って言ったのは、
とっても考え深いものです。


「今」を生きることしか許されないのが、
この身体を持っているための宿命ですね。


だからこそ、「今」を大切に、

愛を伝えたいと思ったときは、伝えて、
何かしてあげたいと思ったときは、してあげる。


それが自分にとってものすごく意味あることなんですね。


そのために、「時間」があるのかもしれません。


「時間」が無かったら、
僕はかなりグ~タラ生活をしているんだろうなぁ…




お母さんの子供に対する愛情は、
いつでもいつまでも永遠のものなんですね

http://youtu.be/eRt_fdt-dlA

http://www.youtube.com/watch?v=7Tl1rD5aSxI&feature=share&list=UU8MeV2BTe-uewFdKjrWorbg

(埋め込みができませんでした)




今日も気づきをありがとうございます
生かしていただき、ありがとうございます
あなたに感謝してます


ポチッと押すと、僕に勇気が湧き出てきます。




スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:2   trackback:0
[気持ち
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。