何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
子供が迷子に!!
子供が迷子に!!



今日もお疲れ様ですヽ(^。^)ノ


今日の仙台はとっても暖かく気持ちの良い天気でした。
あなた様もところはどうでしたでしょうか!!?



さて、先日、子供が迷子になりました。

庭で遊んでいるかと思いきや、乗れない自転車とともにどこかへ・・・

かみさんから連絡があり、
どこへ行ったのかわからないから早く帰ってきてほしいとのこと。


帰る準備をしていたら、
仕事場の外で娘らしき声が・・・


自転車とともに、
おばあちゃんの家に行き、
おばあちゃんはまだ仕事から帰っていないので留守で、
僕の仕事場に来たとのこと!!


無事だったので、あまりイライラはしなかったのですが、
周りに心配かけたことは伝えないとと思っていたら、


「パパ、自転車乗れるようになったよ」


つい先日まで、自転車に乗れなかったのに、
自分で乗れるようになったみたいでした。


よれよれと乗りながらの帰り道、
その姿を見たら、
さっきまでの心配などどこへやら、

よれよれがまたかわいいんですよね。

ププッと笑いながら、
でも、笑うと娘に失礼だから、
「すごいな!!」と言いながら。



親心子知らずですが、
親になってみて、知るようになるのかもしれません。



「怒る」と「叱る」は違うと言いますよね。


「怒る」は自分が中心。
自分の思い通りにならなかった現象に対して、
自分の苛立ち(弱さ)を相手にぶつけること。

「叱る」は相手が中心。
相手に成長してほしいと考え、
糧になってほしいアドバイスとして声をあげる。


「怒る」ことをしてしまうと、
いつまでもイライラが抜けないように感じます。

でも、「叱る」ことをすると、
心にはイライラが無いので、気分は落ち込みません。



子供に「叱る」ことをしなければならないときは、
「怒る」にならないように気を付けてみると、

「叱っ」ているときから、
なんだか抱きしめたくなってしまいます。



自分もいろいろと迷惑(^-^;)をかけながら
今まで過ごしてきた人生。

子供は自分の鏡、
目の前の人も自分の鏡
だと思えば、

なんだか人に対しての接し方も変わってくるように思います。


たくさんの学びがあった出来事でした。


今日も、きづきに感謝です。
生かしていただき、ありがとうございます。
あなたに感謝してます。

スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[態度
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。