何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
過去を受けれて今を生きる


それは息子がまだ小学低学年の時、

なんだか探し物が見つからないと駄々をこねるようになった。

すぐに目の前にあるのに、気づかない。

近くを通るときに、身体をぶつけてくる。

私は生活が忙しく、他にすることがありそっちを早くやってしまいたい。

どうしてもスムーズにいかない息子を怒っていた。



そんな日が続いたある日、

私は息子と公園でケンケンパをして遊んでいた。

「パ」のところでは、足を開くはずなのに、開かない。

ずっとケンケンをしているのだ。


もしや・・・


この時、私の頭に一つの思いが浮かんだ。


この子は、きちんと見えていないのではないか?


もし見えていないとしたら、
探し物が近くにあるのに見つからない
ということの説明がつく。

私の近くを通るときに、
もし見えていなくてぶつかっていたとしたら…


急いで病院に行ったが、ときはすでに遅かった。
息子の視野はほとんどが見えない状態になっていた。


もし、もっと早く気づいてあげれたら、
もし、もっと早く病院に連れて行ってあげれたら、

今でも後悔をしている。


息子は神経性の難病で他に様々な症状がでてくるらしい。
最近はてんかんの症状が出てきた。


でも、私はこの子を支えていきたい。
それが私の人生なんだろう。





先日、会ったお母さんとの会話でした。

「もし、あの時・・・」という思いはいつまでも消えないと思います。

その状況が自分にとってとてもショックな出来事であればあるほど、
その時が変わっていたらという思いは強くなります。

ただ、お母さんは「今」に目を向け、「これから」にも目を向けていました。

本当に、お母さんって強いんだなぁって感じます。


過去を後悔することに「執着」するか、

過去を受け入れて「今」を大切に生きるか。


なんとなしに日々を生きていると忘れがちですが、
とても大切なことに気づかされました。



すばらしい人と巡り合えて、感謝してます。



今日もありがとうございます☆
スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[気持ち
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。