FC2ブログ
何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
線維筋痛症
こんにちは。

ぶろぐ、そうとうに怠けていました。
すんませんでした。


最近、線維筋痛症について考えていました。

あ、僕は線維筋痛症ではありませんが、
線維筋痛症の方と出会いました。


線維筋痛症をご存知でしょうか?
wikiのページはここをクリックしてくださいね。

簡単に言うと、全身のいたるところに痛みが出てしまうものです。
病院で検査してもわかりません。
ただ、本人は相当痛みます。
眠れないほどです。


線維筋痛症の理解はまだされておらず、
その方も線維筋痛症で有名だという山形の病院に通ったそうですが、
「死ぬまで治らないから」と言われてショックを受けたようでした。
線維筋痛症で結構有名な病院だったとか・・・


身体だけじゃなく、心を癒すのも医者の役目だと思います。

検査データを見て、コメントするだけなら、
勉強すれば誰にだってできるんですから。
本当に、人を見ないでデータだけを見る医師が多いみたい。
医療ではなく研究向けなんですね。


医者は患者さんにとって、心の支えにならないといけないんですよね。

あ、僕は医者ではありませんが・・・

目の前の人の心の支えになれたら、うれしいですよ☆


ちょっと、自律神経から考えてみます。


自律神経には、交感神経副交感神経がありますね。

緊張したり、戦う時は交感神経が優位に働く。
リラックスするときは副交感神経が優位に働く。
交感神経と副交感神経はバランスを取りあって、働いています。


で、交感神経が働くと、白血球の顆粒球が増えます。
顆粒球は活性酸素を発生させるので、顆粒球が増えるにつれ活性酸素が増えます。

神経は少ない刺激でも、何度も刺激されると大きな刺激として認識します。
循環が正常で活性酸素ができても流れてしまえば、その場での問題は小さいですが、
ある場で活性酸素が多い状態が続くと、
そこの神経が刺激され続けます。

神経の「痛み」受容体が常に刺激されていれば、
ちょっとした刺激で痛みが誘発されるようになります。

これが体のあちこちで起きてしまうと、
あちこちで痛みが出てしまいます。

これが、線維筋痛症のメカニズムの一つだとしたら、
いかに活性酸素を除去してあげるかが大切です。

もちろん、脳の中で過敏になっていると、
末端での痛みだけではなく脳に対してもアプローチしなければいけないと思います。

たとえば、顔面筋を上手に緩めてあげることも必要かも。
顔面筋は顔面神経が支配します。
顔面神経は脳神経の一つなので、脳にアプローチしやすいかもしれません。
そのほか、三叉神経もあり、これも脳にアプローチされやすいです。

今回は、循環に注目して考えてみました。

活性酸素が神経の受容体を刺激して痛みが出るとしたら、
活性酸素を除去するように、循環を良くすればいいですよね。

循環を良くするには、
運動をしたり体を温めたり、
(薬は交感神経を刺激しやすいので考えません)
いろいろなものがありますが、
線維筋痛症の場合は、運動できませんから、体を温めることを考えました。


ただ、体を温めるよりも、体のバランスを整えてから温めた方が良いみたいです。

身体のバランスをとると、
さっきまで痛かったところが、
それほど痛くないみたいです。

ここで、気を流してみました。
(相手には何も言いません)
それでも、気は血液の流れのエネルギーだから、
気が流れると、痛みが減少しました。

で、それから体を温めたんです。
もう、汗だく。

身体を温めたのには、わけがありますが、
それはおいおい。


冷えがあるところを丁寧に温める。

気持ちいみたい!!

結構、汗だくまで、じわじわ温めました。

帰りは、痛かった足の痛みが楽になり、肩も楽になったみたいでした。

本当にうれしかったです
僕の方が。

だって、顔が来た時と帰るとき、違うんですもん。
僕の方がとっても嬉しくなりました。

その日は、3時間ほど眠れたみたいです。

健康な人からしたら、
「え、たった3時間?」
って思うかもしれませんが、
痛みで寝れないんです。
眠れても1時間くらいだったみたいです。


こう経験してみると、
やはり、血液循環を良くすること、
自律神経のバランスを整えること、
東洋医学でいえば、気の流れを整えてあげること。

本当に健康の基本ではあるけれど、
その基本を十分に活性化させてあげることが
とても大切なんだなぁって思いました。


「生きる」ことについての基本ってなんだろう?

それはいつもニコニコしていたり
生きる中に幸せにきづいたり
自分と相手に愛を与えたり

そう、一言でいうと自分のを高めることなのではないのかなぁって思います。


嫌な出来事、つらい経験、たくさんのことが起きますが、
それに感情を付けるのは自分自身。

あの出来事、あの時は嫌だったけど、
あの嫌な経験がもし必要な経験だとしたら、
自分は何を得ただろう?
何に気づいただろう?

そう考えたら、得たもの、結構大きかったりしますよね。


一人の人との出会いで、
いろいろなことを考えたり学んだり、
本当に世の中は素晴らしくできているんだなぁと感じました。


線維筋痛症の方だけじゃなく、
多くの難病や奇病と戦っている方もいる。

みんながニコニコに成ったらいいな~
平和でニコニコが増えればいいな~


最近、本もあまり読んでいない(今は1冊読み中)し、
テレビもほとんど見ていません。
でも、調べものを結構していたり~

忙しいのか忙しくないのかわからないような・・・

なんだか、時間だけが過ぎてしまいます(T_T)

ただ、今、ブログを書いていて、心が落ち着いてきたような感じがします。

さ、今後は元気に続けるぞ~!!!


生かしていただきありがとうございます。
気づきをありがとうございます。
あなたに感謝してます


僕の大好きな映像です。
ディズニーランド、しばらく行っていませんが、いきたいですよ~
見るだけでもワクワクします!!
スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:4   trackback:0
[日記
comment
スゴイ!
1人のことに
1つのことにものすごく集中できるぜんさん
スゴイですね!

たしかに言われるように
気分が悪いとき、悲しいとき、つらいときって
気の流れが悪くて
身体が冷たいのかもしれませんね。
逆に
気分がいいとき、うれしいとき、楽しいとき
愛がいっぱいあふれているとき
つまり幸せであるとき
気の流れはとてもよくなっていて
心も身体もポカポカしてるのでしょうね。

ということは
身体を温めるってことをする
心を温めることをするのは、
やっぱりいいことなんですね。
2012/11/10 14:09 | | edit posted by NLPapa安徳
こんばんは
嬉しかったでしょうねぇ。

身体の芯からからあったかくなって、
痛みが和らいだのでしょうね。

痛みに苦しむ方が3時間眠れたら、
痛みや悩みが3時間意識から遠ざかったら、
目が冷めたとき、
きっとニコニコしていらしたと思います。

2012/11/12 01:06 | | edit posted by koaporo
NLPapa安徳さんへ
NLPapa安徳さん、コメントありがとうございます。

目の前の人のために何かができる。

本当に幸せです。
生きてきて良かったと思います。

また、それを継続できる人になりたいですね。

今日も、幸せ、ありがとうございます。
2012/11/14 18:22 | | edit posted by ぜん
Koaporoさんへ
Koaporoさん、コメントありがとうございます。

> 嬉しかったでしょうねぇ。

私の方がうれしかったです。

自分が誰かのやくに少しでも立てると、
とっても嬉しいものですね。

もっと役立つ人間になれるよう、
全力前進します。

今日も、ありがとうございます。
2012/11/14 18:23 | | edit posted by ぜん
comment posting














 

trackback URL
http://zenkokoro.blog52.fc2.com/tb.php/341-b9607763
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。