何気ない生活の中で、心に浮かんだ言葉や、本に載っていた言葉や、目にした言葉から、幸せになる考え方を身に付けて行きます!! 僕の独断的な考えですが… 僕の思考の修行ですね☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しあわせのぜん
 
[スポンサー広告
「困っている?」
今日もお疲れ様でした~(^_^)/

今日の仙台は風が強かったですね…
昨日はもっと強かったです。

今年は、風が強い年なのかな?


今日で震災から2年が経ちましたね。

テレビでは震災の番組が多く流れていますが、

僕は見れません…

泣いちゃうし、見て良いことなんてないから…


もちろん、忘れてはいけないけど、
まだぜんぜん忘れることなんてできませんよね。

震災・被災地の「今」とこれからばかりに焦点を当てるのならいいかもしれませんが、
震災当初の映像ばかりだと、凹んでしまいます





ささ、気分を切り替えて~



「困っているんです」


ほんとうに、それは困っていることなの?




先日、息子さんが休職中のお母さんとお話をすることがありました。

お母さんは、息子さんにいろいろなことを言います。


「ああしたらいい、こうしたらいい。」

「加山 雄三さんはああ言っていたから、あなたもああしなさい」

「きちんとしなさい」

息子にいろいろなことを言っているんだけど、
怒る一方で、私困っています…



本当に困っているのかな?


私困っていますって言うけれど、

なぜ困るんだろう?



息子さんが休職中だと、

お母さんが困ることは…収入が無いことでしょうか?

それとも、世間体でしょうか?


心配しているから、いろいろと考えて言ってしまうことは、
とってもとってもわかります。

同じ親としても、子供がそういう状況だったら、
心配すると思います。


でも、今は、復職することは目標の一つだけど、

身体も心もバランスを良くすることが一番の近道ですよね。


今まで何かでつまづいたり、転んでしまったりして怪我をしているのなら、
その怪我を治して元気になることがとっても大切。


「あんた、早く働かないと、困るよ~」

って言う助言(?)は、キズに塩を塗っていることと同じかもしれません。



そして、「困る」ってのは、

本人が「困っている」のならわかりますが、

お母さんが「困る」ことではないですよね。


お母さんはお母さんとしての自分の人生を謳歌する。

楽しんで、幸せに気付いて、感謝して、


そんな背中を見せていたら、
息子さんだって、
「お母さんは何でそんなに楽しんでいるの?」
って思うかもしれないし、聞いてくるかも知れません。

その時に…

「お母さんはね、こう考えているんだ」

って、言ってあげると、

それは、子供に強要することでもなく、助言でもないぶん、

心にすっと入っていくメッセージになるんじゃないでしょうか。


あ、困っているって、

実は困るではなく、
成長するための一段階かもしれませんね。



「困る」から□(かこい)を取ってあげると、

「木」が成長します。

今まです~っと成長してきた「木」も、
周りにあった□(かこい)にぶつかって、
その□(かこい)を取り外す段階に来たのかもしれません。


そう考えると、

とってもとってもありがたい出来事なのかもしれませんね☆




と、考えつつ、

とってもとっても自分に気づかされる瞬間でした。

感謝する出来事でした。



今日も気づきをありがとうございます
生かしていただき、ありがとうございます
あなたに感謝してます


ポチッと押すと、僕に勇気が湧き出てきます。

スポンサーサイト
Posted by しあわせのぜん
comment:0   trackback:0
[気持ち
comment
comment posting














 

trackback URL
http://zenkokoro.blog52.fc2.com/tb.php/373-a210a669
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。